耳から臭い汁が!かゆい痛いは危険レベル?

朝起きて耳の中が詰まった感じがすると思って耳穴の状態を調べると『ネチャネチャ』してる。耳垢は黄色い汁(または粘液状?)な感じで、綿棒でホジホジし匂うと『クッサイ』臭いが(涙)

実は思い当たるフシがあるんだよね。

耳掃除 下手

耳垢の粉が気になってて耳かき掃除し過ぎたのが原因だと思う。

それで傷をつけてしまったのかもしれない。しかも、汁がネトネト状になって耳の穴を塞ぐような状態に・・・。この時点で耳鼻科に行ったのだけど結果は行ってよかった(汗)耳から出る臭い汁(耳垢)について情報をまとめてみたよ。

広告

耳垢が臭い!が示す意味

普段はあまり意識しないけど普段の耳垢は乾燥してて何も匂いがない。ただ汗をかいた後は耳垢が湿ってて若干臭ってるかもしれない。耳垢の粘度については次の記述が参考になるよ(一部引用させていただきました。)

『耳垢は乾性耳垢(乾燥した耳垢、「こな耳」)と湿性耳垢(湿った耳垢、「べた耳」「猫耳」)がある。湿った耳垢の人は体質的に体臭が強い傾向がある。
これは耳垢が湿るのが、耳の中にあるアポクリン腺から分泌される汗が原因であり、汗の多い人は体臭の原因のひとつとされるアポクリン腺の量が比較的多いからである。日本に於いては湿性耳垢が少数派となっている。』
引用:耳垢 – Wikipedia

ただ黄色っぽく湿った耳垢・粘液状の汁で臭かった場合は、耳の病気にかかってる可能性が高い。※独特なキツイ臭いも傷に細菌が感染した結果なんだ。

耳の穴の中が汁のような湿った耳垢で閉塞気味で、耳が詰まった感じで気になって生活のクオリティーも下がるよ。

耳掃除の記事でも書いたけど耳掃除しすぎてる人は危険信号!かゆみや痛みを伴ってると思うので早急に耳鼻科を受診しよう。

広告

汁が出るのは皮膚を傷つけてるから

もう少し『耳から汁が出る原因』について書いておこうと思う。耳から水のような粘液が出る前(同じ時ぐらいに)、耳がとてもかゆくなることがあるんだ。

その理由は耳の皮膚が炎症を起こしてるのが原因なんだ。

耳かき しすぎ 汁

耳の汁は炎症を起こした部分から出たもの。※炎症から出た浸出液という。

耳の中を傷つける原因は既に何度も言ってるけど『耳掃除のし過ぎ』だよ。

かゆみが痛みに変わったら危険?

【こんな経過を繰り返す人はヤバイ】

  1. 耳が痒い→綿棒で耳の中をほじる。
  2. 数時間から半日後、耳の中が汁状になってる。(臭い)
  3. 詰まった感じがするので綿棒で開通する。
  4. 数時間から半日後、汁が乾き硬い耳垢が耳の中を閉塞する。
  5. 綿棒でほじるが耳垢は硬くカサブタを剥がす感じ。
  6. 耳の穴は開通するが痛みとともに腫れた感じがする。
  7. 痛みがひき、かゆみが復活し、また1を繰り返す。

耳の穴の皮膚(外耳道)が傷ついて痛みを感じる時点で耳の中は、かなりつらい状態になってるはず。耳の穴が痒くて綿棒で掃除したい・・・という気持ちを抑えて、耳鼻科を受診してみよう。※炎症が酷くなるとカビに感染したり、重い合併症を起こすことがある。

そのまま耳かき続けても症状が改善する可能性は低いし、自己判断で症状が慢性化したら元も子もないからね。

『耳垢が汁っぽく臭かったら耳かき禁止』

最後に

自分も『外耳道湿疹』と診断されて治療したことあるが一ヶ月は耳かき禁止。風呂も耳に水が入らないように耳穴に綿を詰めて入ること。自分のことをしゃべると普通の人より耳穴が小さいので、普通の綿棒では大きくベビー用の綿棒を使ってくれと言われたよ。

今回に懲りて半年~1年ごとに耳鼻科で耳掃除をしてもらおうと思っている。耳垢が水っぽくて臭かったら、早めに耳鼻科に行くことをオススメするよ。

耳の悩み