頭皮のかさぶた・かゆみ、治らない原因は?治療方法は?

頭をボリボリかくと、指に引っかかるモノが。ちょっと強引に剥がしてみると、それは『かさぶた』だった!

というか通常のフケより大きいものが取れた・・・なんて経験がないだろうか?それと同時にフケがボロボロ落ちるので清潔感に欠けるし大変気になるよね。

頭皮のかさぶたが一過性のものでなく痒みを伴って何度もできるなら、アクションを起こさないと症状が改善しないし悪化する一方かもしれないよ。

とくに次の項目が該当する人は要注意かもしれない。

  • 水虫、いんきんたむしを長年患っている。
  • 頭皮・頭髪が一日で脂ギッシュになる。

では、いってみよう!

広告

頭皮かさぶた、考えられる2つの原因

調べてみたところ、頭皮のかさぶたが出来る原因として『水虫菌』と『頭皮の皮脂分泌が多い人』が該当する人が多いようだ。

1.水虫菌(白癬菌)

足裏や足指にできる水虫は白癬菌によって足の皮膚に寄生するが、この白癬菌は体のいたるところに寄生する。やっかいな真菌だ。皮膚に寄生するカビとも言われるね。

こいつは頭皮にも寄生し『頭皮白癬(しらくも)』と呼ばれる。

症状

痒みを伴うことがあり皮膚がポロポロ剥がれ落ちる。フケのように。頭皮白癬の特徴として頭皮に円形状の白い斑点が現れ、患部が赤く腫れ上がるんだ。※誰かに頭皮をチェックしてもらうと判明するかも。

どんな人がなりやすい

長く水虫を患ってる人は一応疑ってみたらいいかも。水虫菌が手指に寄生することがあり、当然顔・頭皮に移る可能性があるかもしれない。

水虫はオッサンがなるもの、と思うだろうが、家族に水虫キャリアーがいると高校生でも水虫になることがあるよ。

2.頭皮が脂っぽい(脂漏性皮膚炎、湿疹)

人間の頭部で皮脂の分泌が多い個所、それは頭皮だ。頭皮のかさぶた原因の一つ『脂漏性皮膚炎』は皮脂腺が多い頭部に起こりやすい。ある条件が加わると。

皮脂や汗の多い環境で発生

もともと男性は頭皮の皮脂分泌が多いといわれてる。実はヒトの皮膚には皮脂を好む常在菌(マラセチア)は、皮脂が多い環境で異常繁殖すると、その代謝物が頭皮に炎症を起こすんだ。

汗が多い環境も好むから頭皮が脂っぽくて汗っかきなら注意が必要だ。※未解明な部分も多い疾患。

症状

皮膚がはがれフケのような症状。頭皮へばりついて、かさぶた状なものも。

広告

頭皮のかさぶたが治らない!白癬か皮脂か?

どちらもフケを伴い、かさぶたが出来るので白癬か皮脂か判断しにくい。ただ悪化すると次のような症状になる可能性がある。

  • 頭部白癬・・・かくことで菌が拡がり脱毛が始まることがある。
  • 脂漏性皮膚炎・・・皮脂が酸化し加齢臭を放つようになる。

皮膚科で調べてもらったら安心

フケが酷くハゲてきたら『頭部白癬』かもしれないね。そこまで悪化する前に皮膚科に行こう。

フケを顕微鏡で原因をつきとめて治療を開始するから、変に自己流に走って頭が禿げる
事態を迎えるより病院に行ってみよう。

頭皮のフケ、かさぶた対策

実際のところ白癬より、脂症のフケ(脂漏性皮膚炎)が多いと思う。脂漏性皮膚炎は洗髪不良やストレス・生活習慣の乱れで悪化するケースがあるからね。

白癬・脂漏性皮膚炎の対策『頭皮を清潔』にするのは、どちらも共通することだよ。枕は清潔にしておこう。

白癬

  • 水虫持ってて頭皮白癬なら、どちらも完治させる。
  • 白癬菌が繁殖しないように清潔にする。

脂漏性皮膚炎

  • 洗髪ですすぎ不足や洗い過ぎがないよう。
  • 皮脂や汗で雑菌を繁殖させない。

ストレスや生活習慣の乱れも頭皮のバランスを乱してフケを呼び込む元になるから気をつけよう!