てっぺんハゲの原因!改善し治すには

年が若いのに頭のてっぺんのハゲてると指摘されたことはあるか。私はあるッ!ハゲとは無縁の男と思っていたのに。頭頂部なので鏡で見ても気づかなかった。

この記事を読んでいる君。貴殿も今すぐ頭頂部を確認してほしい。

今回はてっぺんハゲについて語ろうと思う。

てっぺんハゲになる原因とは

頭頂部のハゲ・・・いわゆる薄毛は突然なることはない。物事には始まりがある。まずはハゲが進行する原因を知ることだ。

男性ホルモンの影響

男同士の会話でよく出る話だが、男が禿げる原因の一つに男性ホルモンの活性化がある。

なぜ活性化するのだろうか。まずは男性ホルモンが生まれるメカニズムを知ろう。主に男性のタマタマ(精巣)や副腎でテストステロンが作られる。

テストステロンとは男性の闘争心を駆り立て性的興奮をもたらすのだ。いわばテストステロンは男の元気の素なのである。

ところが男の夜のお楽しみの最中にテストステロンが上昇するとともにジヒドロテストステロンが分泌されてしまう。このジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種で男らしさを作るのに欠かせない物質だ。

男子の思春期でアゴ髭やわき毛、声変わりするのはジヒドロテストステロンによるものだ。大人の雄になるには欠かせない物質といえるだろう。だが副産物がある。

ジヒドロテストステロン強く作用すると毛深くなったり、頭皮の発毛を抑制させるという説があるというのだ。男性のてっぺんハゲで代表的なものは男性型脱毛症(AGA)だろう。

私は思った。絶倫スケベだと将来ハゲるのだろうか。※実際、私はスケベだ。

ぶっちゃけると男性ホルモンで禿げる禿げないは医学者によって見解が異なる。根はスケベでも、それがハゲる原因だと考えるのは早計だろう。

頭皮の血行が悪い

飲み屋で「頭皮が突っ張ると将来ハゲるぜ」なんて話があったが、確かに私の頭皮が突っ張るというか弾力性がないように感じる。このような状態は頭皮の血流が悪くなっているとされる。

頭皮の血行が悪いと髪の毛に十分が栄養が行きわたらない。やがて栄養不足になって細くコシのない髪が生えてしまい行きつく先は薄毛→ハゲるという道をたどる可能性が高い。

頭皮の毛穴が汚れている

てっぺんハゲに近づく原因に近いと思われるのが頭皮の毛穴の汚れだ。毛穴に頭皮の皮脂が詰まっていくことで、髪の毛が成長しにくくなる。頭皮の血行が悪いという話と似ているが、同様に髪の毛は細くなり、やがて抜けていく。

そうでなくても男性は脂性が多い。頭皮の毛穴も脂が詰まりやすくなっている。これに血行の悪さも加わればハゲる可能性は高くなるというものだ。

ここで原因をまとめると、てっぺんハゲは男性ホルモンが元凶でなく、頭皮のケア不足であるとも言えるだろう。

===>てっぺんハゲを改善するには

コメント