バレンタイン本命と義理の違い!見分け方は?

バレンタインチョコ 義理 季節の行事

バレンタインデーに自分が本命とされる女子からチョコレートをプレゼントされるイベントが縁遠い男子でも、義理チョコを貰える機会は多いのではないだろうか。

バレンタインチョコ 義理

ところが今回、とある女性から頂いたチョコレートの包装やチョコの中身が明らかに違う!(なんか豪華っぽい)

これは一体・・・なんて疑問に思ったことがないだろうか。

例えば、他の男性はチロルチョコなのに俺は板チョコだった事実。明らかに俺のチョコがグレードが上だ。

なぜ彼女はチョコのグレードで差をつけたのか。つまりその他大勢は義理チョコで俺は本命チョコだ。この違いはなんだ?

バレンタインチョコ義理と本命の違いとは

そもそも彼女たちは「義理」「本命」を区別しているのだろうか。それは大きく分けて2つある。説明しよう。

バレンタインチョコのグレード【品の質、大きさなど】

義理チョコの本質。それは低コストで多く用意できるものを指す。当然だろう。本命でもないその他大勢(男)に社交儀礼として渡すチョコだ。お金をかけずにチョコを用意したいのは当然だ。

それに対し、本命のチョコは気がある相手に渡したいので、自然にチョコレートのグレードが上がるのは当然だ。※板チョコでは微妙だが。

包装が豪華でブランドかかったチョコか、手作りチョコである可能性が高い。

バレンタインチョコを渡したシーン【表情・仕草】

義理チョコはバレンタインシーズンの社交儀礼で渡すものだから、気持ちもへったくれもない。簡単に言えば「ただ貰っただけ」だ。好きも何もない。堂々とポテッとチョコを置いていくものだ。

それに対し、本命のチョコは少し事情が違う。だいたい本命にあげるチョコは秘密裏に渡したいものだ。思い出してもらいたい。彼女はどんなシチュエーションで渡してきたか。少なくとも義理チョコの社交儀礼のように渡してないだろう。

バレンタイン義理と本命の違い【答え】

一例だが。

【本命】

  • 秘密裡に渡すチョコだった(誰もいない場所、コソコソ)
  • 他のチョコと同じ包装と思ったら中身が豪華だった

【義理】

  • 資料を渡すようにチョコを置いていった
  • チロルチョコが数個入ってた(紙袋に)

本命バレンタインチョコの見分け方

本命チョコとして間違いないのは「二人だけの空間で渡されるとき」だ。これは何か告白がある可能性もあるだろう。

微妙に判断がつかないのがその他大勢のチョコと同じような大きさ包装だったが、中身がグレードが高そうな場合だったときだ。義理のように渡した彼女だったがシャイなのかも。

義理チョコでもお返しすべきか

まず本命チョコと感じたならお返しするのがマナーだ。ホワイトデーに気持ちを込めてお返ししよう。

そして明らかに100円で買えそうなチョコだった場合、「お返しは不要」と気持ちを込めたチョコの可能性が高い。だからお返しは不要だ。

ただ「バレンタインで頂いたものは義理であれお返しするもの」という信念をもった御仁なら止めはしない。ただチョコの相場は合しておくのが彼女たちに気を使わせなくていい。

義理チョコは消滅の道をたどりつつある

最近はバレンタインデーの文化を禁止する企業が増えつつある。なので義理チョコは父親か兄弟へのチョコのプレゼントと形を変えつつある。

だから職場でバレンタインチョコを貰えたら義理であれ感謝すべきかもしれない。

コメント