バレンタインにもらえないチョコ【義理チョコも】身の処し方

バレンタインチョコ もらえない 季節の行事
バレンタインチョコ もらえない

非モテ男子にとってバレンタインデーほど憂鬱な日はない。バレンタインデーは女子が本命の彼にチョコレートを渡すイベント。いわばカップルが誕生する日でもある。

「彼女いない歴=年齢」にとって、愛を込めたチョコレートを貰う機会は無きに等しいが、義理チョコは貰えるのではないか?

え?

義理チョコも貰えない?

<義理チョコが貰えそうな環境>

  • 職場
  • 共学

それは悲しいなぁ~。

学校ならまだしも職場なら同じ部やチーム内で交流があれば義理チョコを貰える可能性があるのだが。

本命チョコが貰えないと嘆く前に義理チョコも貰えない可能性のある今、己を見つめ直すとこから始めてみよう。

バレンタインデーに義理チョコすら貰えない理由

まず貴殿の性格に問題があるのかもしれない。平素、女性陣とどのように接しているのか。次のような態度・状態なら最悪だ。

  • 女性との関わりがない
  • 女性から話しかけられても態度が悪い

女性を避けている、自分に話しかけられても素っ気ない態度では、女性もコミュニケーションをとりようがない。社会を健全に過ごしていくには円滑なコミュニケーション能力は必要だ。・・・といっても饒舌になれ!と言ってるのではない。

まずは何気ない会話のキャッチボールから始めよう。職場でも物事を進めるには欠かせないものだ。まずは自分の人との接し方を見直していくのだ。

それが積み重なっていけばバレンタインデーは女性社員の数だけ義理チョコが貰えているはずだ。※「僕はバレンタインチョコいらないですから」と宣言しているなら義理チョコも貰えないのは当然の話だ。

バレンタインデーに本命チョコを貰える可能性は

世間的にはバレンタインデーに本命の彼にチョコをあげる=告白する日という定義になっている。つまり意識してなかった女性から本命チョコを貰える存在になっていないと可能性は低い。

・・・と考えると普通の男性が本命チョコを貰える可能性は低いのではないか。毎年、不特定多数の本命チョコを貰える男は相当のイケメンに違いない。

本命チョコを貰えなかったといってショゲルのは、落ち込むだけ損だと言えるだろう。

彼女からバレンタインチョコを貰うが一番幸せ

表題の通りだ。貰えるかわからない本命チョコを待ち焦がれるより、彼女といえる存在がいてバレンタインデーは彼女主導のデートで一緒に過ごすのが千倍楽しいものだ。

彼女を探す(作る)時期は夏や冬などチャンスはいくらでもある。バレンタインデーに妙な幻想を抱くのはやめよう。

まとめ

バレンタインデーに本命チョコがもらえないからって落ち込むことはない。一年のいずれかで彼女を作ってバレンタインデーを過ごせばいいだけだ。ちょっと高級ブランドのチョコや手作りチョコを貰えるかもしれないぞ。

そのためには自分を変え、磨いていく必要がある。まず身だしなみはどうだ?不潔はダメだぞ。心当たりはあるか?

とりあえず義理チョコは平気で貰える男になろうではないか。

コメント