脇汗の黄ばみの原因はワキガか?洗濯洗剤での落とし方

脇汗 黄ばみ 原因 体臭

白いTシャツやワイシャツを着用していて一番ダメなのはシャツが黄ばんでいることだ。

脇 黄ばみ 原因

着る頻度が高いシャツだと襟や裾口が変色していることに気づかないことがある。なかでも致命的なのは脇の黄ばみだ。

脇の黄ばみは見落としがちだが、次第に黄ばみが輪に広がっていく。これは人に見られると恥ずかしい。

すでに着古したシャツなら廃棄コースだが、着続けるなら脇が黄ばんだシャツの色を落としたい。

今日はシャツの脇汗の黄ばみ原因を突き止めつつ、黄ばみを落とす方法があるのか探りたい。

脇汗による黄ばみの原因

一般的にシャツが黄ばむ原因として次が考えられる。

シャツ 黄ばみ 原因

  • 皮脂汚れ・・・常に肌に触れているため(襟、袖)
  • 汗・・・頭の次に脇が汗をかきやすい
  • 経年劣化・・・シャツが徐々に黄ばんでくる(全体的に)

問題なのは「汗」だ。

普通に生活してても脇の部分は汗をかきやすい。そして、やっかいなことに脇汗は玉ねぎのような独特のニオイを伴う。これは脇の部分にアポクリン腺が集中しているのが理由だ。

アポクリン腺とは脂肪やタンパク質を含む粘り気のある汗で、皮脂汚れを起こす黄ばみ成分(リポフスチン)が含まれている。脇汗が多い人は脇の黄ばみに注意したい。それは何故か。

脇汗の黄ばみはいわば脂汚れだ。通常の洗濯(水洗い)では黄ばみは落ちにくい。これが何を指すかわかるだろう。シャツを洗濯しても脇部分の汚れは残ってしまう。結果、脇部分の黄ばみが残った状態になるのだ。

 

脇汗の黄ばみはワキガなのか

ワキガ 玉ねぎ

ワキガ体質の人はアポクリン腺の量が多いとされ、一つ一つの汗腺も大きいとされる。その臭いも明らかに「ワキガと主張」しており自分でもワキガではないか?と自覚できる。当然アポクリン腺から分泌される汗が多いので、シャツの脇も黄ばみやすい。

強烈な玉ねぎのような臭いとシャツに著しい黄ばみがあるならワキガである可能性が高い。

脇汗の黄ばみの落とし方(洗剤で洗濯)

脇汗 黄ばみ 落とし方 洗剤

シャツの襟や脇についた黄ばみや汚れは、我々の皮脂汚れだ(チリやホコリも)。これは食器や機械作業でついた油を落とすのと同じことなんだ。食器の油汚れは水では落ちにくいと同じように、シャツの皮脂汚れも通常の洗剤で洗濯(水洗い)では脂分は落ちにくい。

なのでシャツの黄ばみを落とすにはお湯(40℃~50℃)酸素系漂白剤(アルカリ性)等を使って行うことになる。
準備するもの
  • 台所用食器洗剤
  • 酸素系漂白剤(粉末)
  • 歯ブラシ(柔らかめ)

フェーズ1:汚れが酷い部分を落とす

  1. シャツを湯に浸ける(40~50℃、やや熱め)
  2. 食器用洗剤を汚れた部分に付け、歯ブラシで擦る。
  3. 汚れてる部分があるシャツとお湯で揉み洗いする(お湯は温度を保つ)
  4. 汚れの落とし具合をチェック。

※冷めたお湯では脂除去能力が低下するので気をつける。

フェーズ2:浸け置き洗い

  1. バケツやタライにお湯をはり、酸素系漂白剤の粉末を入れる。
  2. 1~2時間ほど浸け置く→効果をチェックする。
  3. 普通に洗濯する。

おそらくシャツの黄ばみは落ちるはずだ。※ダメなら廃棄。

最後に

シャツの襟や脇についた黄ばみは見てわかるほど付いてしまうと、汚れを落とす難易度が上がってしまう。なるべく日頃からチェックして早めに対応したい。

脇の部分は雑菌がわきやすくニオイが発生しやすい。脇汗が気になればハンカチでこっそり拭き取るなどしたい。これが黄ばみ予防の一助になる。

ワキガの場合は自分でできることがない。専門医に相談することが解決の近道かもしれない。

コメント